タグ・アーカイブ: MT

アクセルの踏み誤りや階級による走行パワーの衰えをまかなう為に、車マーケットは省燃費とオートマティック妨げの進歩アクティベーションを促進しました

。結果としてより安全に効率良く駆ける自動車が出回って訪れるようになったのです。

その進歩の狭間であまり利用のないMTはすみに追いやられ、ひいてはニューモデルには全くの用意がなかったりする。

スバルのレガシィさえ効率化とやらでMTの用意はありません。

MT自動車をこよなく愛するあたしにとっては残念な限りです。
そもそもアクセルの踏み誤りはどうして起きるのかを忘れているのではないでしょうか。

あたしが考えるに、踏み誤りはMTからATに置き換えた場合に出来る事柄だと思うのです。

若い頃にはMTを運転していたほうが、歳を取られてATに置きかえた。背後で停留する際、MTは半クラッチというコツを使います、エンジンをちょい吹かしでチョンチョンとクラッチを繋ぎながら間合いをとるのです。

自分慌てている時や、とっさの時は昔の回路に繋いでしまう。

ですからATを運転していると解っていても、つい昔のようにエンジンを吹かしてしまう。

だってMTでは左手から2番目のペダルが妨げと体が覚えています、左足は何も踏んでいないのですがクラッチべダルを踏んでいるように勘違いする、必然的に妨げのつもりでアクセルを踏んでしまう。

ですから災害を起こした自体も、妨げを踏んだが止まらなかったという感性しかないのです。

自動車が災害解放のパワーを進歩させて行くのは良い事だと思いますが、その為に自分元来持ち合わせる落とし穴探知効用や災害解放効用が奪われていく様でなりません。