タグ・アーカイブ: 幼稚園

幼稚園で働いていると、ひとりの子の発言から関係のない子が便乗してお祭り騒ぎになることもあり忙しい時などイライラしがちですが、それをちょっとした言葉の魔法で子どものイリュージョンな言葉を引き出せた話です。

先日、とても寒い日のおやつの時間のことです。

私が働く幼稚園では家から水筒を必ず持ってくることになっていますが飲んでしまった子のために園でも用意しています。

6歳の男の子が「あー。お茶が熱いから飲めないー。」と大きな独り言を言うので、今日は寒いから温かいお茶を入れてもらったんだろうと、更に外遊びをして帰ってきたばかりなので冷たいお茶のほうがいいだろうと思い、幼稚園の飲んだらいいよとついであげました。

するとそれを聞いていた4歳の男の子が「ぼくのお茶も熱い~」と言い出しました。

これは便乗したな!と思ったので「そうなの?温かいお茶、先生が飲もうかな」というとニヤニヤしながら自分の水筒のお茶をつぎ飲んでいました。

しばらくすると「せんせい!いきなりお茶が冷たくなった!」といいました。

そこでポイントは、お茶が熱いと言ったことに対し嘘を言ったことを咎める言葉をかけずに子どもの言葉を受け止めることです。

そうすることで、イライラしがちな「嘘」にも寛容な気持ちが持て「すごい!魔法使いみたいだね」と返事することで子どもも周りの子ども私自身も楽しい気分になれると思いました。