月次アーカイブ: 7月 2017

"街を歩いていれば必ずといっていいほど見かける歩きスマホ。自分も歩きながら、ついスマホでニュースを見たりLINEをしたりしてしまうが、けっこうヒヤっとすることがある。

人通りが多いところで歩行者にぶつかりそうになったことが何度かある。スマホの画面を見ていると突然、視界に人の姿が入ってきて驚いた。
歩行中はお互いが相手の動きを見ながらうまくよけているので、相手もこちらが気づいていると思っている。
ところが自分は画面に夢中になっていて、その間はごく近くしか見えていない。

駅など混雑の激しいところでは歩きスマホに注意するよう表示板などで呼びかけている。なにしろうっかりホームに転落しようものなら、ドブに落ちるのとはわけが違って命にかかわる。
都会の駅ではさすがに歩きスマホはしないが、注意を呼びかけているということは、実際にぶつかったりトラブルが起こっているのだろう。これは考えてみるとかなり怖い。

以前はこれほど歩きスマホが問題になることはなかったように思うが、なぜ増えてきているのだろうか。若い人たちの利用者が増えているせいだろうか。
それとも、スマホの進化によって時間があればつい画面を見てしまうほど人を夢中にさせてしまうのだろうか。

スマホの進化は止まらない。歩きスマホの危険性について、いま一度考えてみたい。"

アイデアというのは考えて出てくる場合もありますが、そうでない場合も多いようです。いずれにしても自分の今までの経験や知識から出てくるものです。
いわば既存のものと既存のものを組み合わせて新しいものが生まれると言えます。技術の進歩も当然既存のものに既存の理論を重ねてできますし、
また抽象画も実際その人が見たものを、その人が今まで築き上げてきた価値観によって描かれています。他人から見れば意味不明な絵なのですが、本人的には何かしらを表現しています。

そういうことなのですが、それが意識下においても無意識化においても行われ、多くの場合無意識でボーっとしているときにアイデアが浮かぶことが多いと言われます。
なのでぼーっとすることも時に必要なようです。

私は最近山に登りたいという気持ちが強いです。私は学生の頃に登山のサークルに入っていて、マイナーな山ですが山を登っていました。最近は仕事や子育てや家事などで忙しくしていて登る時間が持てないのですが、子供がもう少し大きくなったら登ろうと思っています。

まず最初は簡単なところから、家族みんなで行きたいと思っています。高尾山あたりかな?昔の頃のような体力はあまりないので、すぐに下山できる山からスタートしたいと思います。まだ学生の時に使っていた残靴があるので、それを使って登りたいと思っています。

山に行くと気分がリフレッシュできるので最高ですよ!もともと自然が好きなのですが、普段コンクリートの上での生活が多いためにどうしても自然と疎遠になってしまうと思うんです。そういう時には思い切って土日を使って登山をするのがオススメです! 行った時の解放感、達成感は何とも言えない気持ちですよ。

もう久しく登っていないので、そろそろまた再開したいな~と思っています。ハイキング感覚ではなくて、本格的な登山も、時間があったらしていきたいな、と思っています。子供にも足腰を鍛えてもらえるように登山を趣味にしていきたいと思ています!