アイデアはどこから湧いてくるのか

アイデアというのは考えて出てくる場合もありますが、そうでない場合も多いようです。いずれにしても自分の今までの経験や知識から出てくるものです。
いわば既存のものと既存のものを組み合わせて新しいものが生まれると言えます。技術の進歩も当然既存のものに既存の理論を重ねてできますし、
また抽象画も実際その人が見たものを、その人が今まで築き上げてきた価値観によって描かれています。他人から見れば意味不明な絵なのですが、本人的には何かしらを表現しています。

そういうことなのですが、それが意識下においても無意識化においても行われ、多くの場合無意識でボーっとしているときにアイデアが浮かぶことが多いと言われます。
なのでぼーっとすることも時に必要なようです。