小松菜のスムージーと小松菜のおひたしと豚肉のリエットを作りました。

小松菜が30円で買えたので、ビタミン補給にスムージーを作ろうと思って、りんごとバナナとパイナップルジュースを買いました。

小松菜は2束分の葉の部分だけを取って、2センチくらいの幅に切ってから、りんごも3センチくらいの角切りにして、バナナをちぎりました。

マジックブレットデラックスの刃の部分に遠い方から、小松菜、りんご、バナナの順に入れて、パイナップルジュースを注いで、撹拌しました。

レシピ通りにしたら、甘さもちょうどよくて、美味しくできました。

小松菜の残りはおひたしにしました。

小松菜をお湯で1分くらいゆでて、水に取ってから、切って絞りました。

ボウルにしょうゆとだしの素とすりごまを入れて混ぜて、小松菜を入れて和えました。

しょうゆの中のだしの素が効いていて、さっぱりして美味しいおひたしでした。

次の日の献立用の豚肉のリエットは大根ステーキと一緒に食べようと思い、スーパーなどに売っていなかったので、作れそうなレシピを調べて、作ることにしました。

豚バラ肉を刻んで、油を入れずに炒めて、玉ねぎのみじん切りも炒めて、白ワインと塩とコショウとローリエを加えて35分煮ました。

2時間くらい煮てもよいということでしたが、ガス代を考えて短めにしました。

途中3回位水を足しました。

煮終わったら、煮汁ごとマジックブレットデラックスに入れて、撹拌しました。

それから水分をなくすため3分間煮ました。

でももともと水分が少なかったので、少し焦げました。

水分が少ない時は、煮詰めなくても良かったかもしれないと思いました。

リエットはフランス料理で、バケットにそえてもよいということでした。

ワインの風味が効いたコクのあるリエットになりました。