アルバイトのキャッシングは・・・

お金を貯めようと思ってもなかなかたまらないということを良く耳に聞きます。

しっかりと計画性をもってしても、予定外の出費のために貯金を使わなければならず、
結局お金がたまらないケースもことの他多いと思います。

収入と支出のバランスはとても大切で、支出が収入を上回ってしまうと、一気に生活が苦しくなります。

特に前述の予想外の出費などがある場合には、収入=支出の状態では、いっきに赤字に転落してしまうので、
支出の上限は多くとも収入の8割から9割程度までにとどめておくべきです。

支出の大部分は生活費ですが、そのほかにも被服費や水道光熱費、
はたまた税金や交通費、車を運転される場合には燃料代も月々の支出に絡んできます。

毎月にどれだけのお金が必要かを計算にいれた上で、支出を抑える意識を持つようにすると、
決められたカテゴリ内での出費に抑えられるので余剰分を繰越もしくは貯金に回すことも可能になります。

毎月の貯金は微々たるものですが、継続していくことで大きな額になっていきますので、
諦めずにコツコツ続けることが貯金を作るコツです。

予想外の支出に備えての予備費を作っておけば、
大きな出費があってもある程度対応することもできます。

ここ最近は車で出かける時に必ず水筒を持参するようにしています。

なぜなら水筒を持っていくことで節約につながるからです。

僕はけっこうすぐに喉が乾いてしまうタイプなので、常に近くに飲み物がないと安心できません。

なので、水筒を持っていく以前は、頻繁にジュースを買っていたりしていました。

毎回ジュースを買うので、振り返ってみると結構な金額をジュースに使っているんですよね。

なので、よく考えるともったいないなぁと思うようになってきました。

そのようなことから水筒を持参するようになりました。

実際に水筒を持参してから、ジュースを買う頻度がかなり低くなったので、節約の効果を実感しています。

今後もできる限り自宅から水筒を持っていくようにしていきたいと思っています。